マンション管理士と管理人の仕事内容の違いとは? - マンション管理士資格の最短合格ガイド

マンション管理士と管理人の仕事内容の違いとは?


スポンサード リンク


マンション管理士の仕事内容というと
住み込みや日勤で働いているマンション管理人と
混同する方がほとんどだと思われます。


このページではマンション管理士の
正確な仕事内容について解説します。


マンション管理士と管理人の違い


マンション管理人は
玄関入口脇の窓口に座り、通路や建物周りの掃除をしたり
住人のトラブルの相談を受け付ける窓口の役割を担ったり
不審者の侵入に目を光らせることが主な仕事内容です。


こうした管理人にはマンション管理士の資格は必要がなく
知識を求められるというより「人柄」で採用が決まったりします。


管理人は「マンション管理会社」に雇用される形となります。


一方、マンション管理士は
「マンション管理組合」のアドバイザーとして
マンション管理組合の運営やマンション管理会社の指導・監督が
仕事の中心となります。


マンション管理組合とは?


マンション管理組合とは、分譲マンション購入者が
強制的に加入することになる組合組織を指します。
この組合員を「区分所有者」と呼びます。


マンション管理士はこのマンション管理組合の運営に関わり
・管理費や修繕積立金の予算案の作製や会計監査
・区分所有者と分譲会社とのトラブルなどの相談や仲裁
といった業務を担います。


マンション管理会社とは?


マンション管理会社とはマンション管理組合から
管理業務を委託され代行する会社を指します。


マンション管理士はこうした管理会社の選定から
業務監督やトラブルの対応といった仕事を担います。


まとめ


こうした関係性によりマンション管理士と
マンション管理人の立場上の違いや仕事内容の違いが
はっきりとご理解いただけるかと思います。


スポンサード リンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。